ホーム 新規投稿 検索 留意事項 管理
2022年アユ釣りその2
年月日: 2022年9月17日(土)

中津川峡の県道が土砂崩れで当面の間通行止めとのこと。山歩きしている間に閉じ込められたら自車はどう処置すればよいのだろうと想像したことがあった。先日通ったばかりの場所で崩落が発生したので、しばらく中津川峡には近づかないのが無難だろうな。行き場の候補がつぶれたのに加えて、台風14号の接近で3連休に一泊前提で山歩きする可能性が完全になくなった。

台風の降雨で増水したら実質的に今年のアユ釣りシーズンは終わってしまう。初日の土曜日の日中はまだ降雨しない予報なので、今年最後(2回目)のアユ釣りに出かけた。

自分のお気に入りの場所に入る人は地元の釣り人がほとんどなので、他県ナンバーは目立つ。釣り支度中にイヌ引き連れて散歩中の爺さんに声かけられた。「何日か前にも来なかったけぇ?」「ああ、来たよ。」

朝方の冷え込みがなく水温は適温で、アユの活性は高いだろう。でも青ノロが発生し始めていて縄張り持つアユは少なそう。つまり、居つきのアユが居れば即掛かるが後が続かない。事実、下流に入った方は出し掛かりで一匹釣った後3時間程度反応なし。自分も開始10分程度で1匹釣れたものの、1時間弱に1匹のペース。

強烈な日光を背に受けて汗がダラダラ。

下流側が空いたので竿抜けの場所を探っているうちに反応があった。目印がふっとぶことはなく囮を引きずって上流側に移動するような動き。大物である。竿をためて追いかけてようやく岸に近づき始めた時に身バレした。背びれの下にかっちり掛からないと大物は獲り込めない。

昼前に釣れた5匹目(24センチ)は完璧な背掛かり。流れが若干緩む場所まで50m以上追いかけて獲り込んだ。

水分補給せずに4時間ぶっ通しで川の中に立っていたので両足が痙攣。休憩後に釣り再開したものの掛からない。購入した囮は皆ピンピンしている。2度目の登板をしてもらったが、頻繁にサカサ針が外れる。ようやく大物が掛かったものの、これも身バレしてすっぽ抜けた。午後になって照り返しがきついし、魚も入ってこないようなので午後3時過ぎに終了。先週と同じ釣果で午前中に5匹釣れたのみ。

仕掛けをしまうときに3本イカリの針先が鈍っていることに気付いた。午後になって頻繁にサカサ針が外れたのはこれが原因だった可能性が高い。実は野アユのアタックはあったのに、針先が刺さらずにケラれてしまったのかもしれない。午前中はトラブルで鼻環仕掛けを交換した際に針も新品を付け直したのでそれなりに釣れたのだろう。2年のブランクで針先をこまめに確認するという基本中の基本すら忘れてしまっていた。

たった5匹でも20~24cmが揃うとボリューム感有り。おいしくいただきました。

本日は境町で第35回利根川大花火大会が行われており、新国道4号走行中に花火が良く見える。見たことのないデザインと鮮やかな色彩で見事だ。新利根川橋上に車止めて観てる迷惑客がいた。利根川右岸側(埼玉県内)の新4号は関宿に向かう交差点に至るまで花火見物の車のせいで7kmの渋滞が発生。


画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-09-17.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/09/19(Mon) 10:22 No.10 [返信]
2022年アユ釣りその1
年月日: 2022年9月11日(日)

新型コロナが流行って以降、不要不急の移動の自粛要請がある間は栃木に行かなかったし、ここ数年那珂川のお気に入りの場所が工事中で入川できなかったこともあって、一昨年のアユ釣りはたった1回、昨年は年券買って一度も行かなかった。

一日アユ釣りすると山歩きよりも疲労感があって、どこかで仮眠しないと長距離運転できない。日陰でも30℃を超えるクソ暑い時期は車で仮眠することができないので、涼しくなる9月にならないと現住所からアユ釣りに出かけるのは無理。10月になるとアユは下ってしまうし、台風が来たらその時点でアユ釣りシーズンは終わってしまう。9月の週末に天気が好いとは限らないから、アユ釣りに行けるチャンスは年に3回もあれば良い方だろう。日曜は曇りで暑くならない予報であったため、2年ぶりにアユ釣りに出かけた。

今年はアユの遡上が少なく、数は出ないが型は良いとのこと。仕掛けをぶっちぎられないように、3年以上前に作ったPEラインの仕掛けをそのまま使用。

仕掛けが川岸のイヌタデに引っかかり、仕掛けを外そうとしているうちにタモに移した囮アユが逃亡。2年のブランクで要領が悪くて¥250の囮アユを未使用状態で失ってしまった。

囮アユが疲れないように、休憩をはさみながら釣り下ることを繰り返して3度目にようやく最初の野アユ獲得。1匹目は囮アユより少し大きめ。この後、循環の釣りが成立して、サイズアップ。1時間弱に1匹のペースであったが、午前中に23~24cmの良型3匹を含む計5匹獲得。強烈な引きを堪能した。数は少なくても、獲り込み失敗や仕掛けロスが全くなかったので満足。

今年はアユ釣り用の体ができていないため、左岸側で同じ姿勢を続けて腕が疲れてしまった。膝上くらいまで強い流れに浸かると脚に力が入らずよろめく。集中力が続かないので早上がり。

曇りの予報であったが、昼に一時曇っただけでほぼ快晴で気温30度超え。山に上がり、長峰ビジターセンター近くのトイレ付休憩所の日蔭で1時間程度仮眠してから大瀬橋経由で国道294号に抜けて帰宅。

画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-09-11.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/09/16(Fri) 02:34 No.9 [返信]
慈恩寺親水公園
年月日: 2022年8月21日(日)

夏季休暇最終日。平地の最高気温が30℃を下回る予報であったが、今の季節はめぼしい植物は期待できないし、川の状況も良くないようなので車で遠出するのは止めた。自転車で行けそうな近場で面白そうな地形はないか物色していて、さいたま市岩槻区の慈恩寺地区に低湿地があることを発見。ちょっと調べた限りではこの低湿地に関する情報には行き当たらなかったが、検索の過程で慈恩寺(板東三十三観音札所)なる古刹と、慈恩寺親水公園の存在を知った。

慈恩寺親水公園はかつてハスが繁茂していたらしいが近年は手入れされて少なくなったという情報を得た。ハスが存在するならまだ咲いているだろうと期待して、慈恩寺親水公園に行ってみた。殺風景な公園である。池の周りに木陰はない。汚いベンチが2,3か所あるだけ。柵の無い場所で釣りするおっちゃんや池の周りをウォーキングするおばちゃんはいるが、子供連れで遊びに来る場所ではないな。

お目当てのハスの葉が見えない。その代り、池西側の水面に浮水葉が広がる。正体はアサザとガガブタ。どちらも準絶滅危惧種であり、保全活動に取り組んでいる地域もあるらしい。ということはハスを徹底的に取り除いてアサザとガガブタを移植したということなんだろうか。


画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-08-21.htm

慈恩寺親水公園に自転車を置いて徒歩で低湿地方面へ向かったのだが、方向を誤った。晴れて暑くなってきたので歩きを中止。当初の目的地の様子は未確認。
投稿者:管理人 投稿日時:2022/08/29(Mon) 02:22 No.8 [返信]
秩父でチタケ探し
年月日: 2022年8月7日(日)

猛暑が途切れて束の間の涼しさが到来。金曜の夜は虫の音が響いてすっかり秋の雰囲気。

気温が下がってようやく遊びにでかけようかという気になった。再び猛暑がやってくるらしいので、まだ涼しさの残る今のうちに中津峡でチタケ採り兼ねてある尾根を探索してみる。

6日夕刻に秩父に向けて出発。現地に近くて且つ静かな場所を見つけて車中泊。無風で虫の音すら無い。適温で過ごしやすくよく眠れた。翌朝駐車地の案内板を見て滝ノ沢望郷広場という場所であることを認識。此の地にかつて42戸の人家があったとは。遊歩道が整備されていてきれいに草刈りもされているのだが、何故か現在は全て通行禁止。

昨年、タツマノ尾根から見た岩峰は南天山ではなくて上山(1468m)だったようだ。登山道はないみたいなので、最も勾配が緩くて且つ痩せていない尾根を伝って登れるのかどうか試してみる。途中退却になってもチタケが収穫できればそれで十分。予備知識は一切ない。

鎌倉沢左岸末端は崖で取り付けない。しばらく林道を下流側に歩いてスギ植林斜面に取り付いた。気温は22℃だが、朝方は降雨の予報で霧がたちこめるくらい湿度が高く、しかも無風。ほんの50mも登らぬうちに滝のように汗が流れてズボンも濡れている。条件は昨年のタツマノ尾根よりも厳しい。

標高920mでスギ植林を抜けて緩やかな広葉樹の尾根を進む。幸先よくチタケを発見。その後もポツポツとチタケを見つけて、危険を冒さなくても調理するに十分な数を確保。帰りに回収すべく稜線上に置いていく。

この調子で順調に登れそうに思えたのであるが、標高1,030mの辺りで難所に至った。滑落したらただでは済まない勾配の岩場だ。最初の岩場をクリアできれば南西から合流する勾配の緩い尾根に回り込めそう。しかし、熱中症になりかねない状態だし、万が一行き詰った場合、懸垂下降の支点を取れない。もう危険を冒さないことにしているのであっさり退却決定。たったの150m、2時間弱の山歩きであった。

中津川沿いの道路法面擁壁のイワタバコが満開。

午前中に秩父を脱出し、長瀞CC入り口近くの木陰で仮眠休憩してから帰宅。県道82号線や国道沿いの紅い百日紅が鮮やかであった。

気温32℃予報は大外れ。午後には35℃を超える猛暑日となった。早めに切り上げて正解。

画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-08-07.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/08/12(Fri) 12:23 No.7 [返信]
川桁山麓でブラリ
年月日: 2022年7月25日(月)

7/23(土)が出勤日。7/25、26日に休暇を取得し3連休とし、24日に烏山~馬頭~大子~矢祭~白河を経由して実家に戻った。久慈川でアユ釣りに向くのは矢祭山辺りまでで、その上流は田んぼの中を流れるのっぺりとした流れである。

25日、午前中に母の銀行の用事を済まして、午後にぶらりと川桁山にチタケ探しにでかけた。クマが出てこないように電気柵を張り巡らして以降、ケアテル猪苗代側のふるさと新道の上り口は完全に廃道化。藪化してすんなりと道筋を追えず、適当に斜面を上って尾根上に抜けた。この時点で既に猛烈に発汗して全身ぐしょ濡れ状態。

まだ時期的に早いのか、見つけたチタケは2本だけ。標高840mで折り返し。

帰りはリステルスキー場側の杣道を下った。こちらも道が不明瞭だがなんとか追える。順調に水源地に降り立つ。此処に石祠があることは知ってはいたが、「姉山水神」なる名称は初めて認識した。沢水で喉を潤す。この沢は途中までV字状の谷を形成するのだが、リステルスキー場のある扇状地で消滅する。

リフト終点まで抜けるまで夏草の藪漕ぎ。つい最近何者かが辿った乱れがあった。川桁山の登山者が誤ってふるさと林道を辿ったのか?それともクマ?

滑降コースはワラビの群生地になっている。ワラビ藪を掻き分けて今年最後のワラビ採り。

画像

https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-07-25.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/08/12(Fri) 10:37 No.6 [返信]
散策
年月日: 2022年5月4日(水)

本日は朝から好いお天気。午前中、母と野菜の苗を仕入れに行ってから、父のコゴミ採りにおつきあい。

午後4時過ぎにぶらりとでかけて山の神まで往復。今年2月は記憶に残る中で最大級の積雪量であったが、3月に入って一気に融けてしまい、季節の進行がとても早い。観音寺川沿いの桜は連休前に散ってしまった。カタクリもほとんど終わりかけ。

砂防ダム近くのお気に入りのオオヤマザクラの木が倒れてしまった。来年は見られないのか。

子供の時分から何度も歩き慣れた道であるのに、ミヤマカタバミが此処にも多数自生していることを初めて認識。

画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-05-04.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/05/21(Sat) 09:45 No.5 [返信]
越生町黒山のシャガ
年月日: 2022年4月24日(日)

現地行動時間; 3時間弱

黒山三滝から傘杉峠に向かう谷にびっしり自生するシャガの群落が満開の様を見てみたいとは思うが、渋滞する川越や坂戸を越えていくことを思うと億劫だ。未明に出発すれば渋滞に遭わずに済むのだが、民家の前の駐車場を借りているので迷惑を掛けたくない。5時に起床するつもりであったが、二度寝。本日は曇りで午後3時頃から雨の予報。2週間車のエンジン掛けていないから、洗車ついでに軽く運動してこようと思い、スニーカー履いて自宅を出た。

エンジン掛ける前にナビで目的地に黒山三滝を設定してみたら、思っていたより直線的に越生町に行けそう。藪歩きはしないからスニーカーでも問題あるまい。3時間程度のミニ周回なら雨が降り出す前に車に戻れるだろう。急に気が変わって越生町に向かった。

林道・笹郷線の標高335mの辺りの植林斜面のシャガ群落が満開。全く歩くことなくいきなり目的達成してしまった。

せっかく来たのだから此処を起点として傘杉峠から黒山三滝巡って周回するつもりで出発してみたものの、大勢のハイカーの団体やトレランが多くて意気消沈。予定よりも早くサラサラと雨音がし始めたのでミニ周回を中止。雨が一旦止んだので口直しに鼻曲山に向かった。

鼻曲山まで誰にも遇うことなく快適。山頂のウラジロノキの新葉が美しい。

鼻曲山は我が田舎では普通に目にするイワウチワの群落が存在することで有名らしいが、それらしきものは見かけず。10年前より季節の進行が早いから花期はとっくに過ぎていると思われたが、光沢のある葉っぱすら見ない。他者記録を見るとどうやら鼻曲山山頂直下の北側斜面に存在するようだ。群生地というほどではないらしい。

この山域では植林地の開けた空間にモミジガサやヤブレガサを多く見かけたこと以外特筆すべきことなし。

できれば桂木観音まで行きたかったが、遠くの山並みがモンヤリとしてきたので自重。登山道を戻って道標のある十字路から林道・笹郷線に下った。その後まもなく雨が降り出した。

帰りはお決まりの渋滞に巻き込まれて辟易。もう来ることはないだろうな。

画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-04-24.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/04/26(Tue) 19:22 No.4 [返信]
渡良瀬遊水地
年月日: 2022年3月27日(日)

行程:  栃木市藤岡総合体育館(09:40)~ 藤岡渡良瀬運動公園サッカー場北側の道路を東進 ~ 渡良瀬川の左岸側に移動 ~ T字路を左折して渡良瀬遊水地外縁堤上の道路を北東に移動 ~ 遊水地内に設けられた保護林 ~ 巴波川の左岸側堤上の道路を南下 ~ 新赤麻橋を渡って渡良瀬川右岸側に移動 ~ 野渡橋手前で渡良瀬川を離れる ~ 東谷中橋を渡って谷中ブロック沿いに西進 ~ 谷中村史跡保全ゾーン ~ 子供広場の道路を北進 ~ T字路を西進 ~ 北エントランス ~ 渡良瀬遊水地外縁堤上の道路を北進 ~ 栃木市藤岡総合体育館に帰着(13:35)

ヨシ焼き後で遊水地内に見るべきものは何もないが、渡良瀬遊水地西側の外縁堤の満開の菜の花が見事であった。渡良瀬遊水地に動植物の豊かな自然環境は存在しない。「人工的な環境がヨシ焼きによって維持されている。」と表現するのが適切と思う。

巴波川合流点の下流側で、堤を越えて移動する猪の集団を目撃。広範囲にボコボコに地面を掘り返した痕があるので猪の存在は認識していたものの、まさか日中にヨシ焼き後のモロ見えの場所で姿を見るとは思わなかった。何か理由があるはず。

その後しばらくしてヨシ原を狂ったように走り回る一匹の犬が出現。猪はこいつに驚いて逃げていたらしい。野良犬かと思ったが、堤上をこちらに向かって歩いてくる夫婦が飼い主のようだ。リードを付けないで犬を放すことが条例で禁じられており、罰金20万円とのこと。何か所も表示があるので知らぬわけはないだろうに。あいさつしたら、ニコニコして「犬の散歩も大変なんですよ。」と言われてしまったもので、注意する気になれず。猪も犬も、よく怪我することなく野焼き後の危険なヨシ原を走れるものだな。

画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-03-27.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/03/31(Thu) 17:14 No.3 [返信]
会の川
年月日: 2022年3月21日(月)

ガソリン消費して遠出する気になれず、近場で散策。

古利根川は春日部市街地辺りまでは広い川幅が維持されているが、幸手市辺りでは用水路然としていて、往時の地形は全く残されていない。古利根川の本流筋であって、かつて利根川に接続していた会(あい)の川の最上流部に至ってはコンクリートで固められたただの細い排水路であり、これがかつての利根川とは信じがたい。かつての自然にできた地形の名残を求めて会の川に沿って加須駅から羽生駅まで歩いてみた。

加須駅の近くは暗渠化されて公園になっている。上流側(西)に向かうと排水路が現れ、その両岸に車一台が通れる程度の道がついている。一応水は流れている。ドブのような臭いはないが薄緑色に濁っていてお世辞にも綺麗とは言えない。コイが生息している。

住宅地の中の変わり映えのしない光景に飽きて、県道366号線に移動し、不動ヶ岡不動尊に立ち寄り。忍城の北谷門を移築したものとされる黒門の存在を初めて認識した。

東武伊勢崎線の踏切を渡った先は農地が多いが会の川に近づく道はない。会の川の両側にも道が無いようであるため、国道122を突っ切ってイオンモール羽生に移動し、ベンチで昼食休憩。

昼食後、南方用水路沿いに移動して会の川に接近。会の川そのものは排水路であるけれども、下岩瀬から上岩瀬にかけて、会の川の東側を並走する南方用水路との間、約30m~40mの幅の土地が周囲よりも1m以上低い。主に水田として用いられているこの低地が自然に形成された地形の名残と思われる。

画像
https://ruin.sakura.ne.jp/trekking/2022/Others/2022-03-21.htm
投稿者:管理人 投稿日時:2022/03/22(Tue) 22:57 No.2 [返信]
unicode
年月日: 2022年3月20日(日)

旧ブログに掲載していた一部の記事を復刻しようとしたら、簡体字が「?」表示された。

html ファイルが shift-JIS 形式のテキストであることが原因なので、ファイルを unicode の utf-8 に変更。問題解決したと思ったら、一部の漢字が文字化け(例、不→上、植→梓)。16進数表記では一桁目が「D」となるべきところ「A」になっている。

PC 上で問題が生じていないので、ファイル転送に問題があると推測。サーバ上のファイルをダウンロードしてみると案の定、読めない。FTP の転送モードが「常時アスキーモード」になっていることが原因と思われた。転送モードを「常時バイナリモード」に設定することで解決。
投稿者:管理人 投稿日時:2022/03/22(Tue) 22:52 No.1 [返信]
記事No 削除キー

- SUN BOARD -